fc2ブログ
03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

GYOKUJI 攻略3 敵に襲われた際の対処

2010/04/30
GYOKUJI攻略 第三回は敵に襲われた際の対処方法について書き綴ってみます。

ブラゲに慣れてない方だと、襲われるとすごく不安になると思います。
初心者用に書いてますので、同盟や知り合いがいないという前提で書きます。
 
注:やたらとだらだら長く書いてますが、一番のお勧めは最後に書いた偵察です。

・チャット
「襲わないでください」と伝えたところで、攻撃のキャンセルを受け付けるのは攻撃してから3分以内です。
逆にそんなチャットを送っているのに、資源を盗ることができたとしたら・・・
操作してる人間がいるのに資源を奪える=餌場認定です。
自分で防衛することも、資源を隠すことも出来ない人というレッテルが貼られます。
例えそれで資源を奪われることも無く、兵士も死なずに済んだとしても、
チャットをしたことで相手に自分を印象付けることになります。
変に絡まれるよりも無言で防衛した方が得だと思います。

3日間放置してて復帰後の場合はチャット、メールはある程度有効です。
放置城への攻撃だけ許可している同盟が多数あるので。
ただそういう方は、放置じゃなかったら攻め込まないと思いますが…。

・防衛方法
まず敵の戦力を知ることが大事です。
かと言って攻めてくる敵の戦力を、その場で知ろうと思っても知る方法はありません。

なので最初から兵士での防衛を試みるのではなく、敵の攻撃を回避する方向が望ましいです。

お勧めは蔵兵洞Lv10を2つくらい用意すること。
自分が操作できない時間は、蔵兵洞に兵士を入れることで常に兵士の安全を確保することができます。
ただし蔵兵洞に兵士を入れると、食糧の消費がかなり跳ね上がります。
マイナスにならないように注意してください。
また、襲われたとしても蔵兵洞が資源も守ってくれます。

最初から蔵兵洞を作りすぎると、他の建物が建てられなくなります。
ある程度余裕を持って計画的に建てましょう。
空いてる場所にLv1を乱立させるのは有りです。
すぐに消せるので。

村が2つ3つと増えていけば、無くてはならない施設を他の村に建てることで回避することができます。

敵が攻撃してきた時に、もしも自分が村を操作できる状態ならば
護兵システムを発動させましょう。

護兵システム
チュートリアルでもやったと思いますが、画面右下に龍のアイコンがあります。
これをクリックしてみてください。
「起動」「取り消し」 というアイコンが出てきたと思います。
これが護兵システムです。

効果は1日4時間(課金のVIP特典を使用している人は8時間)
敵からの攻撃で兵士が死なない。(ただし反撃もしない)
城壁が破壊されない。
建物が破壊されない。

その代わり資源は保護されません。
ここで蔵兵洞の出番です。
蔵兵洞が護っている資源は、奪われることはありません。
自分から攻撃できなくなるというデメリットもあります。

いつでも解除が可能です。
ただし1日1回しか使用できないので、途中で解除しても2回目は使用できません。
24時にリセットされます。

護兵は一時しのぎでしかありません。
ですが敵の攻撃がログとして残るため、それによって敵の戦力がどの程度か把握することができます。
ただ…攻撃してきたのが相手の兵士の全てとは限りませんが…。

・攻撃される理由
通常この手のゲームで攻撃する理由というのは、
1.資源を奪うため。
2.経験値を稼ぐため。
3.名声を貯めるため。

この3つだと思います。
なので襲われにくくするために、この3つを防ぐことが大事です。
蔵兵洞で資源を防ぎ。
護兵システムで兵士を守れば経験値も名声も入りません。

資源が奪えなければ敵は米を消費しただけで終わりです。
おいしくないとわかれば攻撃をやめると思います。
ただし、報復を恐れて徹底的につぶしに来る人もいるので、絶対とは言い切れません。

・兵士による防衛
敵の戦力を把握し、その戦力が自分の戦力と同等ならば、圧倒的に防衛側が有利です。
まず武将の守備設定しましょう。
武将宿舎で武将を選択し、守城任務を選択。
守城任務は一人しか選択できません。
エース級を登録しておくといいです。
城壁の矢塔はありますか?
城壁や矢塔は1回突破されると全て破壊されてしまうので、ある程度戦力が無ければ作らない方がいいです。
あとは陣法を見直しましょう。
防衛側が固守を選択すると、全ての兵士がその場から動きません。
防御力はあがりますが、攻撃力は下がります。
遠距離攻撃と壁に自信があれば固守も良いと思います。

序盤は協同がお勧めかな。


一番やってはいけないこと。
少しでも相手にダメージを与えようと、少数でも兵士を出して相手を削る行為。

中途半端な兵士がいても、相手にとっては経験値稼ぎの餌となってしまいます。
多少削られても経験値と名声の利点の方が大きいです。

・偵察
普通は攻撃する前に偵察します。

このゲームでは、偵察は偵察兵の数では無く偵察術のレベルで偵察出来るかどうかが決まります。
なので、兵術研究「偵察術」のレベルを上げておくのも良いです。
兵力を把握されなければ、うかつに攻撃することはできません。

何を書いて、何を書いてないのかわからなくなったので、3回目はここまでとします。
最後まで読む人いるのかな?

Sponsored Links
04:05 攻略 | コメント(1) | トラックバック(0)
コメント
No title
gyokuji始めたのですがブラゲはじめてでよく分からなくて
これ読んですごく参考になりました。

管理者のみに表示